サンドブラストの説明の続きの続き・・・

サンドブラスト吹きつけ前

サンドブラスト吹きつけ後

これは高木(原)さん(木村ゼミ)の作品です。
左がサンドをブラストする前、右が砂をかけた後。
バラの花の部分がすりガラス状になっています。

「シールをカットして→はがしてサンドを吹き付けて」を繰り返して、レリーフを作っていきます。出来上がって、シールをきれいにはがして、磨きをかけたら出来上がり。

さて、入試シーズン、合格発表ラッシュ (公立高校はこれからですね、頑張って!国立大学後期日程もありますね。) 高木(原)さんちの次男君も7日に合格発表があり、浪人生活に終止符!!良かったね!おめでとう。うちの次女は修士課程を修了することができ、晴れて社会人に。肩の荷がおりました、ホッ

返信葉書の「近況」やメールで、みなさんからお便りを頂いています。少し紹介しますね(同窓会会場でも、紹介できたらと思っています)。斉藤ゼミの方をおふたり紹介します。
「結婚が遅かったせいで、まだ子育てにあくせくしております。やっと大学生です」と書き添えてくださったのは、私の中学の1年先輩で主人の同級生になる方なのですが、たぶん当時、後輩の私のことなどご存じなかったかと思いますが、後輩からは目にとまる先輩でした。背が高くて賢くて美人!
「先輩、ぜんぜん大丈夫!」先日パソコン教室に来てくれたマキちゃん(千葉ゼミ)は、この間中学受験を終えたばかり。これから、まだ6年PTAをしなくては・・・私にはもう無理、できないわぁ。

それから、「16年間に及ぶ母の介護を終えて丸2年。第二の人生を・・・」と書いてくださった方と、今度ぜひ同窓会でお話したいと思います。まだ介護保険がない時から、介護をされてきたんですね。うちは、まだお舅さんが6年くらいかな。実家の独居老人の父は3年位。どちらも80才くらいから、要介護認定を受けました。

中学校の同級生に、お母さんの介護を終えてから、40歳を過ぎて大恋愛結婚して、44歳で出産した友人がいます。だから、まだ小学2年生。だから、お母さんも若い!

50年生きてきたら、いろいろありますね。それぞれがドラマ!