8KKRホテル大阪で開催される講演会には毎回行かせてもらっています。
大阪城祭とかいて「だいはんじょうさい」と読むらしいです。大阪の商売、繁盛して欲しいですね。

今回の初日は生國魂神社の権禰宜さんの中村さんです。
中村権禰宜さんは生國魂神社内外で、よくお目にかかってお話しますが、講演会に伺うのは初めてなので、大変楽しみにしていました。

中村さんは京都生まれだとは知りませんでした。京男さん。京都生まれなのに大阪が好きだとは、珍しいお方ではありませんか。私はなにわ生まれのなにわ育ち(堂ヶ芝廃寺のそばに生まれ、今は毘沙門池の畔だったところに住いする)ですが、系図を見れば四代か五代前に京都から、大阪船場に来たようであります。なので、菩提寺が京都に有り、私は京都が好きで大阪も好きというのがわかったような気がします。

大阪の歴史、「始まりは大阪にあり」と井上理津子さんの本にあるように、今当たり前にあるようなことが、実は大阪が発祥であったとか、あまりにも大阪の歴史をみんなが知らなさ過ぎる。それをちゃんと知ってもらいたい。中村権禰宜さんにもそのような気持ちがおありなようです。
粉もんと吉本のお笑いだけではない(両方共私も好きですが・・・毎日たこ焼きお好み焼きでも飽きない)、古からの尊い上品な歴史があるんよ。
下品にしてしまっているのはナンだろう、ダレだろう、ドウいう意図だろう。。。。